はいこんばんはRM307です。今年から始まりました漫画の読書感想文、初回は「青い花」3巻の感想。
志村貴子作の百合漫画です。去年全巻買ったのに読んでいなかったので。少しずつ読んでいきます。

青い花 3巻 (Fx COMICS)
志村 貴子
太田出版
2008-03-20


【主な登場人物とその関係】
あーちゃん(天真爛漫な主人公)
ふみ(あーちゃんの幼なじみ、杉本先輩と出会い付き合うが振られる)
杉本先輩(先生への想いを捨てられずふみちゃんと付き合うが後に振る)
井汲さん(あーちゃんの友人、杉本先輩が好きだけど相手にされない)
康ちゃん(井汲さんの許嫁)
あーちゃん兄(あーちゃんを溺愛するシスコン兄)
先生(杉本先輩の姉と結婚する)

まず冒頭の2ページの若草物語、2ページだけでしっかり百合が表現されているのすごいなぁ・・・。
さすがプロ・・・。僕はどうしてもページ数がかさんじゃうからな・・・。こういう境地を目指したい。

本編、井汲さんの別荘にやってきたあーちゃんやふみたち。あーちゃん兄も交えて楽しく過ごす。
テニスや乗馬をしてはしゃいだり、飯盒炊爨をして盛り上がったり、女子高生パワーはすごいな。
あーちゃん兄や康ちゃんの気持ちがわかる気がする。正直僕はあまり近づきたくないな・・・w
しかしカレーの匂いを嗅いだり、カレーを食べて美味しさに悶絶する彼女たちは可愛くもある。
あとテニスで応援されるポンちゃんや、幼い頃のあーちゃんとふみちゃんもとても可愛かった。
幼いといえば、幼い頃の井汲さんと康ちゃんのエピソードも語られている。昔の井汲さん可愛い!

康ちゃんはあーちゃんから井汲さんが振られた話を聞き、その想い人になりたいと静かに言う。
ずっと昔から井汲さんの事を想っているけど、自分の気持ちは押しつけず、そっと見守っている。
僕もこういう人になりたいものです。なかなか難しいんですが。井汲さんと結ばれて欲しいなぁ。
まぁ杉本先輩に叶わない恋をしている彼女みたいな報われないキャラも応援したいのだけど・・・。

その次は杉本先輩の話。先輩の姉と、先輩の想い人である先生との結婚式に出席する事になった。
先輩のネクタイ姿めっちゃ決まっているなー!カッコ良い。84ページ目の憂いを帯びた瞳も素敵。
くろすけ先生にも指摘されたけど、やっぱり僕は百合漫画の王子様的なキャラが好きなんだな・・・。

その杉本先輩とあーちゃんとあーちゃん兄とふみで江ノ島に行く事になる。ふみの心境は複雑。
なぜなら別れた杉本先輩がいっしょだからだ。でも103ページ目の三人を待つ表情は可愛いなぁ。
ふみは先輩に「相手にされないのなら、好きな人(先生)をいさぎよく諦めてください」と言う。
「自分は(あなたを)諦めたのだから」、と。でも本当に先輩の事を諦められたのかなぁ・・・?
ふみちゃんは絶対引きずるタイプだよねぇ・・・と、何となく自分と似たタイプだと思ったり。

その次の話では、井汲さんから杉本先輩がイギリスに留学する事を知らされる。えーびっくり!
こんなに魅力的なキャラなのにもう登場しないのだろうか、まぁもう先生も結婚しちゃったしなぁ。
そんな中、ふみはあーちゃんに自分の初恋はあーちゃんだった事を伝える。うーん、今後ふたりの
友情が壊れないと良いんだけど・・・ふみちゃん厄介そうだもんなぁ・・・(自分の事を棚に上げて)。

以上、面白かったですね。杉本先輩はやっぱり拙作の先輩と被るなぁ・・・影響されそう・・・。
いやまぁもう一つ影響されている部分があるのだけど・・・。詳細は「百合少女交響曲♪」の6話で。
4巻は来月以降に読もうかな。次回もたぶんこんな感じの感想になると思います。それではまた。