はいこんばんはRM307です。今週は漫画回、今回は志村貴子作「青い花」7巻の感想。もう終盤。
前回から3ヶ月空いてしまったな。全8巻なので次で完結。読み足りない!もっと読みたかった!
3巻の感想http://rm307.blog.jp/archives/78078877.html
4巻の感想http://rm307.blog.jp/archives/78693186.html
5巻の感想http://rm307.blog.jp/archives/79156982.html
6巻の感想http://rm307.blog.jp/archives/79634959.html

【主な登場人物とその関係】
あーちゃん(進級して落ち着いてきた?主人公、幼なじみのふみと付き合う事になったが・・・)
ふみ(あーちゃんの幼なじみ。何度かの失恋の後、初恋だったあーちゃんと付き合う)
井汲さん(あーちゃんの友人。杉本先輩に片想いしていた)
康ちゃん(井汲さんの許嫁だったが、婚約解消を申し出た。でも井汲さんの事は変わらず好き)
大野さん(あーちゃんの後輩、姉が山科先生といっしょになった事を複雑に思う)
山科先生(あーちゃんたちの学校の先生。家族を説得して大野さんの姉と同棲する)


まずは髪が伸びた井汲さん。可愛い!こちらの方がだんぜん似合っている。表紙もすごく良いし。
以前短くしていたのは杉本先輩の影響だったっけ。彼女が前に進み始めた事を表しているのかな。
「康ちゃんやさしいから」という言葉に「好きだから必死なんだ 昔から」と答える康ちゃん。
そしてその言葉を聞いて泣く井汲さん。どういう涙なんだろうな・・・僕にはわからなかった。
以前から感じていたけど、この作品は僕には難しすぎる。僕のキャパシティを超えている・・・。
キャラの心情を表しているコマや、ちょっとした所作などから意味を把握できないのだ・・・。
頭が良い人はもっと楽しめるんだろうな・・・と思うと、悲しいやら申し訳無いやらで・・・。
まぁ人間関係が複雑という事もあるんだけど。だって京子のお母さんが、会いたがっていた
康ちゃんを見つめるコマとか、その前の流れと合わせると康ちゃんが好きなのかよ!複雑!!!
こんなぐちゃぐちゃでややこしい人間関係の中に身を置いていた井汲さんがとても不憫だ・・・。

幼い頃の井汲さん、以前も書いたけど可愛いなぁ。にっこり笑顔が子どもっぽくてすごく良い。
そしてこれも以前も言及したかもしれないけど、石(いしとゆうら)先生の絵柄に似ているな。
親から決められた許嫁という立場をとりあえず受け入れていた訳では無くて、康ちゃんの事が
大好きだったのだなぁ。康ちゃんが寡黙だから、井汲さんの方が想いが強かったように見える。
「そんな人より京子の方がずっと康ちゃんのこと好きなんだから」とか「わたし康ちゃんじゃ
なきゃいや」とか、お熱い!良いなー!そして僕もそんな事を言われてみたい人生だった・・・。

そして中学生でセックスも済ませていたのか。幼い頃からいっしょで、何度も好きだと伝えて、
ずっと好意を寄せていてこんなに大好きだったのに、井汲さんは杉本先輩と出逢い好きになった。
自分から気持ちが離れていくのを感じた康ちゃんはつらかっただろうな・・・よく耐えられたな。
あんなに好きだと言葉や態度で示してくれた人が別の人を好きになるんだよ?!しんどすぎる。
僕の場合は恋愛ではぜんぜん無いけど、過去に好意?を寄せてもらっていた人に恐らく嫌われて、
温度が消え興味を持たれなくなった事がこんなにも悲しい。どうしても耐えられなかったので、
結局こちらからの気持ちを切るしか無かった(今週までの話。5月頃絵板に書いた事とは別件)。
恋愛じゃなくてもすごくつらいのに、ふたりの場合は幼なじみの許嫁。だけど康ちゃんは違った。
今だって井汲さんへの気持ちは変わっていない。すごいなぁ。カッコ良い!僕にはできない!
以前も書いたけど、康ちゃんの想いが報われて欲しい。最後のつないだ手から希望を見出したい。

井汲さん関連のエピソードだと、井汲さんのファンの子が井汲さんが写った写真をあえて落とし、
声をかけてもらっていっしょに写真を撮るという流れが良かった。3ページなのに良い百合だ。
その写真を見て「オレの京子…」→「おまえのじゃねー」というツッコミも実際にありそうw


そして進級したあーちゃんは演劇部の部長になっている!すごい!てっきり井汲さんだと思った。
あーちゃんにキスした事があるかと問われ盛大にずっこける井汲さん。まぁたしかに中学生で
セックスまでしていた彼女にとっては、あーちゃんの質問がとてもピュアに思えたかもしれない。
その前にあーちゃんが下級生を見て「小学生か」と独りごちたコマがあるのが効いていますねw
キリッとしている大野さんは可愛いなwでもお姉ちゃんと山科先生の事で複雑そうな様子だった。
あとたしかに僕も「ダルタニアン」と「ダルタニャン」のどちらが正しいのか迷った事があったw
3歳当時のあーちゃんの、バレエを断った次のコマの後ろ姿も可愛い。こういう表現好きだなぁ。

そんな楽しい流れから、「雰囲気を楽しむ、そういうのが結構心地良い」という何気無い会話で
ふみの事を連想してしまったあーちゃん。ふみに「あーちゃんのしたいことしたい」と言われても
何も返す事ができなかった背中もせつない。やっぱりあーちゃんは同性愛者じゃないから・・・。
ああ、嫌だなぁ。ふたりの事は好きだったけど、だから付き合って欲しくなかったんだよ・・・。
もしこれで別れたら、もうあの時のような仲良しの親友に戻れないじゃん・・・つらいよ・・・。
正直ふみちゃんが恨めしい。あーちゃんに想いを伝えないで欲しかった、というのは身勝手かな。

でもふみちゃんの気持ちもすごくよくわかるんだよ・・・言わずにはいられない、期待せずには
いられないんだ。「…ダメ!!好き!!大好き!!」のコマでもすごくよく伝わってくる・・・。
このコマにめちゃくちゃ良いな。自分の想いを止められない、大好きな気持ちがあふれてくる。
実際恋しているとそうだよね。しかし、そんな幸せそうなふみちゃんの表情とは対象的に・・・。
ポンちゃんが書いた、ふみをモデルにしたコンクールのシナリオでは、主人公がこう言っている。
「しかし彼女は違いました」、「私は彼女の愛を見つけられるでしょうか?」ふみちゃん・・・。

けれどここでは終わらない。ふたりは一線を超えたようです。セックス・・・なのかな・・・?
正直女性同士のセックスが何をするものなのかよくわからないのだけど、たぶんそうだと思う。
最終巻、どうなってしまうんだろう・・・。まぁ手元にあるのでいつでも読めるんだけど・・・。
でも怖くて読みたくないな・・・終わってしまうのも寂しいし・・・まぁでも今年中に読みます。

あと姉と山科先生の関係に悩んでいた大野さん、お姉ちゃんに忘れ物を届けてもらったコマの
「ありがとうお姉ちゃん…」を見たところ、少しはすっきりした感じかな。劇のダルタニャン役に
受からなかった事でも気落ちしていたけど、これからまた明るい大野さんを見られると良いな。
まぁ残り1巻しか無いので、彼女の描写があるかどうかわからないんだけど・・・。それではまた。