金魚ちゃんの週末インプット★

読んだ本や漫画、観た映画の感想を書いたり作った料理の記録をしたりするブログ。

読書(漫画)

【漫画感想】2020年2月15日 小学生にはまだ早い!

はいこんばんはRM307です。漫画回の今週は山辺麻由作の「小学生にはまだ早い!」の感想。
読むのは15年以上ぶり。たぶん僕が生まれて初めて触れた少女漫画だと思う。少女漫画の原点。

【あらすじ】
小学五年生の夏芽みらんの将来の夢は漫画家!男の子なんて乱暴で嫌い!結婚なんてしない!
そんなある日、友人が一目惚れした男の子に告白する場に同行する。しかし彼は友人では無く
みらんの方を気に入り、ほっぺたにキスして胸まで触ってきた!男なんてろくなもんじゃない!
という思いを強くした彼女だったが、両親から突然婚約者に引き合わされる。その相手はあの
男の子、朝永波留だった!そればかりか、波留たちはみらんの隣の部屋に引っ越してきて――!


あらすじを読めばだいたい内容がわかると思いますが、思いっきりオーソドックスな作品です。
男の子にセクハラされて最初は嫌いなんだけど、だんだん相手の良さに気づいて惹かれていく。
カッコ良い相手の事を好きな同級生女子からいじわるもされるんだけど、前向きに対処する。
相手とは一度離れるんだけど本当の自分の気持ちに気づき、最後には結ばれてハッピーエンド。
今読むと清々しいほどベタだなと思うけど、当時の僕にはこれが初めての少女漫画だったので
楽しく読めた。こんなに相手の事を嫌いなのに、好きになる事があるんだろうか?と純粋に
疑問に思いながら読んだなぁ。やっぱり少しずつ相手を認め、好きになっていく展開は面白い。

最初は相手から迫られていたけど、いつの間にか自分の方が相手の事を好きになっている展開も
好きだなぁ。終盤、もうすぐ引っ越して離れてしまう波留の気持ちを何とか引き留めようとする
みらんが可愛かった。照れる波留も良かったwそしてキスシーンも本当に幸せそうでとても良い。

あと女の子の絵柄もとても可愛かった。きらきらおめめに豊な表情、繊細な髪や影のトーン。
また、みらんの髪型や服装が毎回変えてあって凝っている!こういうところにも惹かれるなぁ。
20200215_小学生にはまだ早い!
それとタイトルロゴ、「早い」の部分が禁止の記号になっているのか!今になって気づいたw

以上、久しぶりで懐かしかったな。感想は短いですが、なかなか良かったです。それではまた。

Web拍手

【漫画感想】2020年1月18日 少女少年Ⅴ

はいこんばんはRM307です。今週は漫画回、今回はやぶうち優先生の「少女少年Ⅴ」の感想。
十数年前に一度読んだ事がある。内容は忘れたけど、ラストシーンが大好きだった思い出。
Ⅰの感想http://rm307.blog.jp/archives/79800528.html
Ⅱの感想http://rm307.blog.jp/archives/80211827.html
Ⅲの感想http://rm307.blog.jp/archives/80546839.html
Ⅳの感想http://rm307.blog.jp/archives/80932565.html



【あらすじ】
女の子のような顔がコンプレックスな小学六年生の蒔田稔は、幼なじみの同級生植原茜の姉、
芸能活動をしているのファン。大事な記者会見をする為に自宅に戻ってきた彼女に会う為、
茜の自宅へやってきたのだが、そこで茜もデビューする事を彼女の父親から突如知らされる。
忍に憧れて伸ばしていた髪を切られ、姉と比べられるからタレントになりたくないと泣く茜。
そこで稔は、自分たちを女の子二人組のユニットとしてデビューさせないかと持ちかける。
すぐに了承されデビューが決まったふたりだが、稔にはある企みがあった。ユニットが売れて
人気が出た時に、生放送で稔が男である事を暴露し、茜の親父に一泡吹かせてやろう・・・と。


Ⅰ~Ⅲでは主人公が自分を好きな女の子に囲まれていた事が多かった。では三角関係、
そして今作では主人公と幼なじみとその姉、そして主人公にちょっかいを出してくる年上の
男性という新たなパターンが描かれている。この苅部豊が良いキャラしているんだよねぇ。
初対面で主人公のスカートをめくるなど一見軽薄に見えるんだけど、実は内面はすごく大人で、
主人公たちに大事なメッセージを伝えたり助けてくれたりする。まだ十代だろうに!すごい!
親子関係で悩んでいる稔や茜に言った「そんな大人に負けない子どもになれ」は良いシーンだ。

シリーズではが親子関係を扱ったシリアス寄りの話だったけど、今作はさらに踏み込んでいる。
別居状態で両親の家を行き来している稔、芸能事務所社長の父親に強引に振り回される茜と忍。
稔は子どもの気持ちを考えずに自分たちの都合を押しつける両親に対し、最初はどこか冷めて、
諦めて受け入れているのだけど、最後に豊の言葉を思い出し、自分の気持ちを素直に伝える。
結局両親の仲が修復しない事は変わらないのだけど、稔と両親の間にあった溝は少し埋まった。
僕の両親も離婚したから言う訳ではぜんぜん無いのだけど、大人の都合で子どもを振り回すのは
ホントやめて欲しいよな・・・子どもは何も我慢せず、気兼ねせず、伸び伸び生活して欲しい。
そうする権利がある。もちろん夫婦の仲が悪くなる事はあるだろう。離婚するのも仕方が無い事
かもしれない。それでも、その所為で子どもに負担をかけたり、子どもが自分の気持ちを押し殺す
ようになったりしたしたら嫌だな・・・。大人はどうでも良いけど、子どもが苦しむのは嫌だ。
でも稔も茜も忍も、屈折せず良い子に育ったよなぁ。豊ももしかしたら苦労したのかもな・・・。
「大人は自分たちを商品としてしか見ていない」というリアルな部分が見えたのも良かったな。

前述の通りシリアス寄りだけど、キャラが明るくて良い子なので読んでいてちゃんと楽しかった。
茜にとってコンプレックスだった忍自身も、父親から商品としてしか見られていない自分や、
魅力が上がっている妹に対しいつまでも父親の言いなりな自分にコンプレックスを抱いている。
でも最後に父親の反対を押し切って、海外留学を決める。髪を切ってすっきりした表情が良い。
未来をまっすぐに見つめている。このシーンの豊も良いなぁ。このふたりも結ばれて欲しい。

十数年前に読んだきりで内容を忘れていた為、正体をばらしてぶち壊す予定だったのに茜が
「仕事を続けたい」と言った時や、稔が母親といっしょに札幌に引っ越した時は少し驚いたな。
でも一度離れても稔と茜の想いが揺らぐ事は無く、稔は舞台を経験した事で、仕事への感じ方が
変わった事もきっと今後に良い影響を与えたのだろうな。たぶんどちらも良い経験だったのだ。
その後最終的には稔と茜がまたいっしょに居られるようになって良かった。でも、ミノリとしては
一度引退した稔が男の子として再デビューし茜とユニットを組むなんて、絶対にバレるでしょw
同一人物説も出たと書いてあったけど、そりゃ出るというか同一人物にしか見えない気が・・・w
稔の母親もミノリとは別人だと思っていたみたいだし、そういうものかと割り切るしか無いけど。
(にしてはクラスメイトには一発で見抜かれていたんだけどねwまぁそこは漫画だから良いか)

そして冒頭に書いたラストシーン。自分の想いを伝えた稔が茜と優しくキスをして物語は終わる。
ここ、子どもの時に読んで幸せすぎてめちゃくちゃせつなくなった。恋愛的な物語でせつなさを
覚えたのはそれが初めてだったかもしれない。久しぶりに読んだけど、やっぱり良かったです。
幼なじみ同士が結ばれるのも、時間をかけて両想いになるのも本当に好きだなぁ。羨ましい!

シリーズの主人公の中ではのつぐみが一番可愛いと書いたけど、ヒロインでは茜が一番かも。
正統派美少女の役どころは忍で、こちらも可愛いんだけど、時間経過によってだんだん性格が
丸くなるという本来の意味ではツンデレな茜がめっちゃ良かった。こんなに可愛かったっけ?!
不安そうな顔もいたずらっぽい顔も可愛い。中でも一番可愛かったのは、仲違いしていた稔が
久しぶりに話しかけてくれて安心した時の泣き顔!!!めちゃくちゃ可愛い!!!著作権侵害に
なるかなと思って今まで本編の画像を載せていなかったのだけど、今回は引用させてください。
20200118_少女少年Ⅴ
他にも「あたしのため…だよね」の表情や、恋人岬で遠くを見つめる表情もすごく良かったなぁ。


以上、ストーリー面では今までのシリーズの中では一番楽しめたかも。面白かった!それではまた。

Web拍手

2019年12月21日 少女少年Ⅳ 感想

はいこんばんはRM307です。今週は漫画回、今回はやぶうち優先生の「少女少年Ⅳ」の感想。
僕が初めて読んだやぶうち優作品。もともと単行本を持っていて、読むのは六年ぶりぐらい?
Ⅰの感想http://rm307.blog.jp/archives/79800528.html



【あらすじ】
白原允(みつる)の特技は女装。レディースデーなどは、女装姿でサービスを享受していた。
ある時芸能事務所のマネージャーの村瀬からスカウトされる。最初は允を女の子だと思って
声をかけた村瀬だったが、男子小学生だと知った彼は女装してタレントにならないかと誘う。
允はお金に目がくらんでデビューを決め、さっそくCMのオーディションを受ける事になった。
そのCMに出演する相手役は、芸能活動をしている同じクラスの、良く思っていない藍沙だった。
藍沙への気持ちを正直に語った允は彼女との共演が増えていき、少しずつ藍沙へ惹かれていく。
しかし藍沙には幼い頃から好きな相手が居るという。もしかしたらそれは、親友の雪火――?


親友が恋のライバルなのか・・・?と思って読み進めていたら違って好きな子と両想いになり、
もしかして親友の主人公への気持ちも恋なのか?!BLか?!とどきどきできるのが好きだなぁ。
初めて読んだ時、相手の好きな子は実は主人公だった!とわかったところは嬉しかったなぁ。
また、両想いになってゴールじゃなくて、そこから正体をばらしてわかり合うところまでが
描かれているところも好きなのかもしれない。恋するだけじゃなく、ちゃんと相手に向き合う。

允が女装した姿のつぐみ、思い入れもあるのだろうけど、シリーズでは一番可愛い気がする。
作中でも村瀬が語っているけど、男性だからわかる女性の可愛い仕草をしっかり心得ていて、
その所為か何気無いポーズが女の子ぽくてめっちゃ可愛いな!と思うコマが多かった気がする。
107ページの1コマ目とか、最後のページのコマとかすごく好きだな。特に前者は素晴らしい。
前傾姿勢とか足の向きとか、すごいな・・・!僕は棒立ちしか描けないので大変勉強になった。
というか、もちろん元からお上手なんだけど、今作では女の子の可愛さが増している気がする。

正統派ヒロインポジション枠も相変わらず可愛い。藍沙は主人公と結ばれるのが良いですね。
」のるりが恋を諦め仕事を選んだ事を考えると、報われて良かったなぁという気持ちになる。
終電にはかえします」の感想でも書いたけど、毛量の多いキャラって一度描いてみたいなぁ。

Ⅰ~Ⅲは「最後は元の生活に戻る」事を意識して描かれたそうだけど、今作では藍沙の希望も
あり、允はこれからも芸能活動を続ける(ただし声変わりまでだろう)という選択になった。
そして最後の2ページがすごく良いんだよね。1話の冒頭と同じく、けれど今度は三人になって
街を歩いている。その途中でレディースデーである事を知り、允が抜け出しつぐみになって戻る。
喜ぶ藍沙と呆れる雪火、「だって今日はレディースデーだも~ん!」で締める。めっちゃ良い!
決着をつけて元の生活に戻る展開も好きだけど、この変わった日常がまだまだ続いていきそうだ、
というラストも好きだなぁ。ラストでいえば、「」もすごく良かった記憶がある。楽しみだ。

以上、面白かったです。先々週4000字近く書いた(まぁ内容のおさらい部分が多かったけど)
青い花」8巻の感想のアクセス数が0で少しがっくりきた事もあり、今回は短めに(1000字)。
でもシリーズの中では一番好きな面白い作品です。やっぱり楽しかったな!それではまた。

Web拍手

2019年12月7日 青い花8巻 感想

はいこんばんはRM307です。今週は読書回、今回は志村貴子先生の「青い花」8巻の感想です。
最終巻!2017年から読み始めたこの作品とも今回でお別れ。寂しいなぁ。もっと読みたかった。
3巻の感想:http://rm307.blog.jp/archives/78078877.html
4巻の感想:http://rm307.blog.jp/archives/78693186.html
5巻の感想:http://rm307.blog.jp/archives/79156982.html
6巻の感想:http://rm307.blog.jp/archives/79634959.html
7巻の感想:http://rm307.blog.jp/archives/80383586.html

青い花(8)(完) (Fx COMICS)
志村貴子
太田出版
2013-09-12


【主な登場人物とその関係】
あーちゃん(進級して落ち着いてきた主人公、幼なじみのふみと付き合う事になったが悩む)
ふみちゃん(あーちゃんの幼なじみ。何度かの失恋の後、初恋だったあーちゃんと付き合う)
井汲さん(あーちゃんの友人。杉本先輩に片想いしていた。幼い頃は康ちゃんが大好きだった)
康ちゃん(井汲さんの許嫁。井汲さんの事を真剣に想っている)
杉本先輩(ふみの先輩。学校の王子様的な存在だった。卒業してイギリスに留学中)
山科先生(あーちゃんたちの学校の先生。家族を説得して大野さんの姉と同棲する)

相変わらず感想部分が少なくて本編の説明や引用が多いんだけど、好きなところを紹介したい
と思うとどうしてもこうなっちゃう・・・。本当に感想文が下手だなぁ・・・。まったく成長しない・・・。


まず松岡女子トリオのエピソード。中学の演劇部時代、三年生が卒業して仲の悪かった二年生と
衝突し全員で部活を辞める。なるほど、僕は帰宅部だったからまったく経験が無かったけど、
こういう事ってあるんだなぁ。漫画のネタの為にも何か部活に入るべきだったかもな・・・。
そんな彼女たちも高校では良い後輩を持てて良かったな。演劇コンクールでも成功して良かった!

7巻で、ふみちゃんに「あーちゃんのしたい事をしたい」と言われてしたい事が出てこなかった
あーちゃん。ふみちゃんと居るのが楽しい事ばかりじゃなくなってきて、この関係が心配だった。
あーちゃんはふみちゃんに「ふみちゃんの好きとわたしの好きってちゃんといっしょなのかな」
と言う。それに対しふみちゃんは「好きになったのがあーちゃんでよかった」、「あーちゃんと
お別れする日がきたとしても絶望しないで生きていけそう」と答える。でも絶対つらいよね。
もう何回も書いたと思うけど、ずっと仲の良かったこの関係が失われて欲しくないよ・・・。

あーちゃんたちは修学旅行でロンドンへ行く。自分も行きたがるふみちゃんに、あーちゃんは
「ふたりで卒業旅行しよーよ」言う。この時のあーちゃんの笑顔が可愛いなぁ。嬉しすぎて
ぷるぷる震えるふみちゃんも可愛いw「うれしすぎて泣いちゃうかと思った…」のもわかる。
その夜のおしっこが漏れそうになる夢wあーちゃん面白いw夢の中では卒業時と変わっていない
杉本先輩の容姿が嬉しい。やっぱり杉本先輩はこの王子様的なスタイルが良いよ・・・魅力的。

そんな杉本先輩とイギリスで再会する。髪がめちゃくちゃ伸びて女性ぽくなっている・・・!
正直ぜんぜん魅力無いです!!!高校時代のショートの方がぜんぜん好きだったなぁ・・・。
井汲さんはどうだろう?と思ったけど、もう杉本先輩の事からはすっかり立ち直っているみたい。
良かった。というか、卒業したら康ちゃんと結婚するらしい!そうなんだ!めっちゃ嬉しいな!
7巻のつないだ手、そこから希望を見出したかったけど、まさかこんなに早く結ばれるとは!
康ちゃん良かったね・・・。杉本先輩の言う通り、本当に井汲さんはきれいになったと思う。

「ふみにひどいことしちゃった」と言う杉本先輩に対し、あーちゃんは「わたしいまふみちゃんと
つきあってるんですよ」と言う。驚き「いつから意識しはじめてそうなるに至ったの?」と訊く
杉本先輩に、あーちゃんは「ふみちゃんに告白されて わたしもふみちゃんのこと好きだし
告白されたのなんて生まれてはじめてだし ふみちゃんのこと傷つけたくなかった…」と答える。
自分の中に受け身の気持ちしか無い事へのショックか、涙を浮かべるあーちゃんがせつない。
杉本先輩の質問は誰もが気になるであろうもっともな事で、あーちゃんは初めてそれに答えた。
そこで自分の気持ちをはっきりと自覚してしまう。終盤で持ってくるのが上手いなぁ・・・。
そして帰国したあーちゃんから別れを切り出され、一人になった時に涙を流すふみちゃん・・・。
やっぱりそうなったか・・・。覚悟はしていたけどため息が出て、少し考え込んでしまった。
今回も一冊を数日に分けて読んでいたのだけど、気が重くてしばらく続きを読めなかったな。

推測するに、別れというよりあーちゃんは自分の気持ちを素直にふみちゃんに話したのだと思う。
ふみちゃんから「今まで通りでいよう」と言ったらしいので。周りはその破局を誰も知らない。
破局=お別れじゃなくて良かった。それまで通り友だち関係でいてくれたらまだ救われる。
でも実際そんなにすんなり友だちに戻れるかというときっとそうじゃないよね。難しいと思う。
それでもちゃんと元気になると誓ったふみちゃん。つらいだろうけど、その方が僕も嬉しい。

そして月日は流れ、あーちゃんたちの卒業式。お祝いする大野さんの明るい笑顔が可愛いな。
あーちゃんとふみちゃんが笑顔でやりとりできているのも嬉しい。帰り道、あーちゃんは
ふみちゃんに「あたしのことまだ好き?」と訊く。ふみちゃんは「あーちゃんのことなんて
好きよ」、「ずっと好き……大好き」と泣きながら答える。「~なんて嫌いよ」じゃなくて
「~なんて好き」という言葉の使い方が良いなぁ。本当にあーちゃんの存在は光なんだ・・・。
実はふみちゃんの気持ちに対しては懐疑的な事が多くて、あーちゃんに比べたらそこまで好きな
キャラでは無かったんだけど、終盤も終盤になってやっとふみちゃんを好きになれた気がする。
本当につらい日々だとは思うけど、ずっと希望を捨てないで欲しい、諦めないで欲しいと思った。

その後あーちゃんに異変が訪れる。進学後に見かけたふみちゃんの隣に知らない女の子が居た。
楽しそうなふみちゃんを見て、心の奥が焦げつく。どうかその気持ちが愛でありますように・・・!

そこからまた時は流れ、ラスト杉本先輩。かつて片想いしていた各務先生と姉の幼い娘ちゃんに
「学校の先生だけは好きになっちゃだめよ?」と言う。その冗談の意味をこの姪っ子が知る日は
くるのだろうか・・・w杉本先輩ともこれでお別れかぁ。好きなキャラだったから寂しいな。
彼女がいつか自分の幸せをつかむ日もくるのだろうか。もっと見ていたいキャラだったなぁ。

杉本先輩が帰国したのは井汲さんと康ちゃんの結婚式に出席する為。続々と集まるかつての
友人たち。上田さん大人っぽいなwそういえば上田さん、初登場児から絶対裏があるキャラで
いつか局面を引っかき回す役回りだと不安に思っていたのに、結局何も無い普通の子だったな。
絶クレでいうところのミカエルタイプだった。ちょっと拍子抜けだったかも。でも良かった。

ウェディングドレス姿の井汲さんが幸せそうで本当に良かった。嬉しいなぁ。末永くお幸せに!
ふたりの結婚には井汲さんのお母さんが尽力したという。関係も修復できたのかな、良かった。
大野さんも大人っぽくなっているなー!もうあの頃の元気娘は居ないんだ、と思うと寂しいけど。
大野さんはお姉さんと山科先生に結婚式をあげたいか訊くと、ウェディングドレスは着たいと
返ってきた。大野家は腫れ物に触るような扱いで、山科家も同性愛を否定するような扱いを
受けているところがあるけど、ふたりが理解を得て幸せに暮らし続けてくれたら良いな・・・。
そしていつか結婚式を挙げられたらな。その時は家族みんなが出席してくれたらなお良い。
あと山科先生に片想いしていた新聞部の部長も。素敵な人と出逢って幸せになって欲しいな。
あーちゃんの兄とモギーの付き合いも順調に続いているようで何より。こちらもお幸せに!

そしてあーちゃんとふみちゃんも久しぶりに再会する。いつもと同じような会話で安心した。
以前ふみちゃんと知らない女の子が歩いている様子を見たと告げるあーちゃん。ふみちゃんは
その子の事を楽しそうに話すのだけど、あーちゃんはそれを聞きながら一つの答えに行き着く。
そして「その人の話聞きたくないかも」と言い、ふみちゃんに「ふみちゃんが好き」と伝える!
少し重くなったふみちゃんとの場所は、離れた途端に空洞になり、すぐに嫉妬が埋めたという。
号泣して涙や鼻水でぐちゃぐちゃになるふみちゃんの泣き顔が可愛くて、愛おしくて、ココロから
良かったなぁという気持ちになった。本当に良かったねふみちゃん!!!一人でよく頑張った!
そんなふみちゃんに「ふみちゃんはすぐ泣くんだから」とこぼすあーちゃん。幼い時、高校で
再会した時にもかけてもらった言葉。その言葉が今までの道のり、そしてこれからも光となって
照らし続けていくのが素晴らしい。いつまでもあーちゃんがふみちゃんの光でありますように!
ふたりはお互い一度離れる事が必要だったのだなぁ。時間はかかっても、この結末は嬉しい!

ただ、初めて告白されたあーちゃんは、もしかしたら幼い恋の延長であるのかもしれない。
その気持ちがまた揺らぐ事もあるのかもしれない。あーちゃんは告白を呪いだとも言った。
その呪いが解ける事もあるのだろうか。あるいは純粋な愛に昇華されていくのだろうか。
正直に言うと、ふたりの今後が心配じゃない訳では無い。あーちゃんは初めての恋愛だし、
ふみちゃんも結局のところ恋愛依存的なところがあるし。だけどそれでも、信じたいと思った。

嫉妬を知ったあーちゃんは「人を好きになることがこんなにみにくいことだと知らなかった」
と思う。わかる。僕も同じように嫉妬をして、同じように自分の醜さを自覚してつらかった。
でも自己弁護する訳じゃないけど、そんなに醜いと感じなくても良いよあーちゃん。当然だよ。
好意、愛という光があるならば、嫉妬という影ができても仕方が無いんだ。でも影は影だよ。
これからもふたりの間をたくさんの光で満たして欲しい。ずっと幸せで居てね!おめでとう!

以上、あーちゃんとふみちゃんがお別れしてしまうんじゃないかという不安が常にあったから、
ふたりがいっしょに居られるようになって本当に良かった!悲しい終わりも覚悟していたからね。
大好きなキャラが幸せになる!なんて喜ばしい事だろうか!以前も書いたけど、あの作品の
ふたりにも、こうやってもっと早くいっしょに居られるようになって欲しかったんだ・・・。

二ヶ月に一回だったけど時間をかけて読んでいた作品だったので、キャラに愛着が湧いていて、
これでお別れだと思うととても寂しい・・・。この物語はもうここで終わりなんだよなぁ・・・。
大好きな彼女たちの物語の続きを知る事ができないのが悲しい。みんなとまた逢いたいなぁ。
本当に面白い良い作品でした。また憧れる百合作品が一つ増えてしまった・・・。この作品と
出逢えて本当に良かった!キッカケをくださった方、ありがとうございました!それではまた。

Web拍手

ここからは「百合少女交響曲♪」の展開のネタバレを含むので、知りたくない人はご注意ください。

この作品は百合だけど、男女の恋愛が描かれているのも良かった。百合作品で男性を絡めても
良いんだ!と背中を押された感じ。僕も「百合少女交響曲♪」で描きたいと思っていたので。
ただ百合好きの読者さん方からはすごく抵抗があるだろうなぁ・・・そこをどうするか悩ましい。
まぁどのみちずいぶんと先の話なので、その時がきたら考えよう。続けているかもわからないし。
あと、最終話の舞台が結婚式というのも同じだなwまぁまだ僕の方は描いていないんだけど。

2019年11月16日 ハルタオルタ 感想

はいこんばんはRM307です。今週は漫画回。今回は「ハルタオルタ」という雑誌の作品の感想を。
896ページ41作品もあるボリュームのある一冊。雑誌といってもすべて新作の読み切りなので、
他の漫画雑誌のように作品の途中から読まないといけない事も無いのも選んだ理由の一つです。
一番の目的は、大好きな井上きぬ先生の読み切りを読みたかったから。以下、感想は掲載順です。
といっても全作品分ある訳ではありませんが。感想が一行以上生まれた作品だけ書いています。

80's video trip」赤瀬由里子
息子が今はケンカする事が多くなった両親の若い頃のビデオを見つけ、最後に両親が仲直りする話。
面白かったです。僕の両親が遠距離恋愛時代に送っていた手紙を見つけた時の事を思い出した。
仲の悪い両親を見ているから恋愛に踏み出せないナオト、僕も似たような理由で、あんなに熱心な
文通をしていた両親も離婚したのだから、僕も結婚なんてできないな、怖すぎる!と思っている。

ナイトゲーム」山本和音
プロ入り目前の高校野球のスターが初恋の女の子と再会し、プロより悪い道を選んでしまった話。
こういう話はすごく嫌い。この作品が駄目だというつもりはぜんぜん無くて、単に好みの問題です。
いかに燃え尽きる一瞬が美しくても、その後やってくる暗闇を考えると気が重くなるのだ・・・。
ゆりかがひなたの好意を利用し、転売目的のサインを書かせたり犯罪の片棒を担がせたり・・・。
文字通り日向に居たひなたの人生を捻じ曲げて、ゆりかは何の責任も取らないのだろうな・・・。
ふたりが警察に見つからなかった事を祈りたいけど、無理なんだろうな。告白シーンは良かった。

黒髪を舞うころ」黒川裕美
舞妓はん最後の日に着付けをしてもらったけど、いつもと違う人だからどうもしっくりこない。
でも来ないと思っていた男衆さんが現れ着付けしてくれる話。ただそれだけの短い話なんだけど、
漫画がお上手!と思った。僕なんかがプロの作家さんにこんな事を言うのは失礼なんだけどね。
舞妓はんの表情だけでああこの男性と何かがあったんだな・・・と伝わる。男性の表情は至って
普通で意識していないのに、舞妓はんだけはつらそうで。良かったです。絵柄もわりと好き。

ハートのお仕事」富沢未知果
恋のキューピットである妖精と、妖精に代わるAI妖精の話。ヒロインがふとまゆで可愛かった。

ゾンビのビビ」福島聡
自分以外全員ゾンビになってしまった小島で、校舎の中に入ろうと必死なゾンビの女の子の話。
銅像を重そうに運んだり傘を開いて驚いたりと、一生懸命なビビが可愛かった。最後、池に傘を
浮かべて喜ぶところ、主人公もいっしょになって傘に乗るところも微笑ましくて良かったな。

円楼暮らし」サカノ景子
引っ込み思案な妹がおつかいに行き、人々と交流して少し成長する話。とにかく絵柄が可愛くて、
夕凛の表情やリアクションが楽しかった。顔を赤らめたり口をあんぐり開けたり泣くのを
こらえたり。可愛かった。作画がきれいで、円楼の見開きページの書き込みもすごかったな。

午前1時の同窓会」松本水星
ホストになった優等生だった友人と再会する話。BL風味で、赤月に怪しい魅力があって良かった。

テイラーとクリスの事件簿」佐々木尚
死体や犯人が怖いけど有能な刑事とその助手の甥が事件を解決する話。一番面白かったかも。
近年アニメを観ていると推理物の皮を被った作品がわりと多いけど、これはしっかりしている。

スター・ドリーマー」三星たま
星の草を盗んだ疲弊した社会人が、罪を償う前に癒やされる話。なぜかバニーガールの格好を
している警察職員が可愛かった。バニーは良い。でも一番好きなのは編み込みの女性刑事さん。
まゆ毛がふとめで、目元もクール。警官の服装も似合っていてカッコ良い。もっと見たかった。

夏の夜」高橋那津子
帰省先で親戚の子と秘密の時間を過ごす話。絵柄はたぶん古い方に分類されると思うけど、
かなり好き。初期冬目景姐さんを思い出した。シチュエーションもおっぱいもエロくて良かった。

預言者カロン」右野マコ
過激派宗教団体の教祖の息子で、預言者である男の子の話。僕は預言者なんて存在しないという
強固な観念がある為、実はただの父親の傀儡なんじゃ?と思いながら読んでいたので、いまいち
入り込めなかったし、正直よくわからなかった。小学生レベルの僕には難しかったかもしれない。

洋裁店の蝶」高江洲弥
洋裁店の店主もさちゃんが、彼女が好意を寄せるお客の月子にワンピースを仕立てる話。百合だ!
こちらも絵柄が良い。長いまつ毛を伏せた時の目の描き方が好き。せつなげな表情も可愛かった。

不利な相手」佐々大河
身長の低い空手選手の話。主人公が好意を寄せる先輩の恋する表情が可愛かった。絵柄も良い。

愛の焦土」吉田真百合
地球を侵略しようとする宇宙人の息子が、地球の花に魅入られる話。タイトルを見ずに読み始め、
マスコット的なキャラが可愛い、癒やされると思いながら読んでいたら、すごく怖い話だった。
傷口の断面とかもえぐいし・・・。この雑誌を買った事を後悔した。でも力があるのは感じた。

100人の百子さん」川田大智
同一人物が100人居る日常。僕が描く場合はころころ顔が変わってしまう為、同じ顔を何人も
描くのは逆に大変だなと思った。100人の百子が同時に一人に告白する見開きページは圧巻。

豪烈送球」浜田慶亮
ハンドボール大会決勝戦、最後の59秒の話。動きのある作画がすごくて良かったけど、何かしら
オチにすごいものが待っているんじゃないか、と期待しながら読んでしまったのが失敗したな。

ランランランダ」冨明仁
動物園に暮らすメスチーターのランダと、他のいろんな動物たちの話。動物の作画がすごかった。
手塚治虫作品みたい。手塚治虫さんってあの頃すでに完璧な漫画を描かれていたんだな・・・。

つきの裏側」仁科彰太朗
外に出たくないヒロインが昔同棲していた女性を家に呼んでごはんを作ってもらう話。百合だ!
最後にふたりの関係がわかるのが良いですね。顔をゆがめる月乃と、彼女の名を呼ぶ日和が良い。
最初は月乃をただ怠け者かと思っていたんだけど、かつての恋人の顔が見たかったのだな・・・。

彼らのルナシー」井上きぬ
密かに想いを寄せる同僚の教師のスペンサーが、夜毎外で踊っているのを見つけたアラン。
やっぱり絵柄が最高ですね。スペンサー先生は髪を結んでいる時も下ろしている時も可愛い。
赤らめている顔も、誰にも言わないでとお願いしている表情も良い。507~8Pの表情も美しい。
月明かりがブロンドの髪を暖かく照らし、コマ割りの間も読んでいて心地良い。好きです。
主人公がいきなりヒロインにキスする展開は正直好きじゃないのだけど、これも好みの問題。
最後のページの表情も良かったな。スペンサー先生はいつか踊るのをやめられるだろうか?
それとも、これからはアラン先生といっしょに踊り続けるのだろうか?ふたりの未来に乾杯!

アンダソンちゃん生活史」長沼修
ぴょんぴょんぐもの擬人化?と思ったけど糸を出しているから違うのかな。ハエトリグモ・・・?
僕も蜘蛛が好きなので楽しめた。表情が可愛かったな。最後の砂糖水を喜ぶ表情が一番好き。

緋袴をぬがさないで」佐藤春美
アラサー巫女が小学生時代の同級生と再会し、彼の為に厄払いをする話。今回絵柄が一番好き!
眼鏡っ娘でおでこが少し出ていて・・・可愛い。最後の表情も良かったな。幸せになって欲しい。

琥珀の鳥の夢」丸山薫
義理の父親から虐待を受ける鉱物が好きな少年が、いわくつきの琥珀を手に入れのめり込む話。
子どもが痛めつけられるのは創作であってもつらいので、読んでいて結構しんどかった・・・。
なので最後にエーレが父親を殺してくれて嬉しかった。そして主人公は別の世界へ連れて行かれ、
もしかしたらそれは不幸な事なのかもしれないけど、僕にとってはハッピーエンドだなと思った。

子連れ魔王」嵐田佐和子
人間と結婚した魔王とその息子の赤ちゃんの日常。日本なのかw息子の可愛さにもだえる魔王が
可愛かった。旦那さんは仕事で疲れているとはいえ、ちゃんと奥さんの話を聞いてあげて欲しい。
いやでも僕も100億分の1、いや4兆分の1の確率で結婚したら旦那さんみたいになってしまうかも。

ラークの冒険」大武政夫
少年がとある森の中で猫型の獣人と出会う話。「ヒナまつり」の作者さんなのか!ところどころ
シュールで良かった。ラークがお礼に差し出したカブトムシを叩き落とすシーンが好きだなw

みちのくピンポンステーション」渡邉紗代
とある田舎の駅職員が、構内に卓球台を置いて利用客と触れ合う話。一番読んでほっこりした。
好きな方。ドジっ子なヒロインが魅力的だったな。絵柄が古い方だと思うけどそこが良いと思う。

青い夜」namo
教室から出ようとしたら外で教師たちの情事を目にし、出るに出られなくなったふたりの生徒が
自分たちも身体を重ねる話。この柔らかくて可愛い絵柄でえっちな話を描かれたらたまらないな。
愛が先か性が先か。僕の場合は愛(と呼んでも良いのならば)が先である事が多かったかなぁ。

竜巻狂い」加藤清志
竜巻をカメラに収めるストームチェイサーの話。僕みたいな大した漫画を描けない素人がプロに
意見するのもおこがましいとは思うんだけど、何だかすんなり読めなかった。わかりづらい。
場面とキャラクターの行動と言わせたいセリフとやりたい事の歯車がずれているような違和感。
まぁ僕に向いていないだけだったのかもしれない。僕は漫画を読み慣れている訳でも無いしね。

捨て丸さま」氷堂ジョージ
フラれて汚部屋に帰ってきたOLの元に捨て丸という神が現れて断捨離する話。オチが良かった。

俺が一番愛してる!」八重樫莉子
主人公が大学のマドンナ?的存在に告白する話。ヒロインが可愛く、胸も大きくて良かった。

マリリトルサーモネーター」押岡大和
肌に触れる摂氏温度によって肉体年齢が変わる妹の話。老婆の状態から幼児に戻る様子を見て、
おばあちゃんが自分も水風呂に入って「それは無理じゃ~」とツッコまれたコマが面白かった。
妹が可愛く、まゆ毛が太かったので良かった。成長した時に胸が大きくなるのも良かった。


以上。30作品分でした。正直しんどかったのでもう雑誌は読まないと思う・・・。それではまた。
20191116_ハルタオルタ店舗特典
井上きぬ先生が描かれた店舗特典も手に入れました。しかも4月のカレンダーだった!嬉しい!

Web拍手

2019年11月2日 少女少年Ⅲ 感想

はいこんばんはRM307です。今週は漫画回、今回はやぶうち優先生の「少女少年Ⅲ」の感想。
Ⅰの感想http://rm307.blog.jp/archives/79800528.html
Ⅱの感想http://rm307.blog.jp/archives/80211827.html

【あらすじ】
人口の少ない小さな島に住む小学生の柚季は、いじわるな兄たちから女の子みたいな顔だと
日々セクハラもどきのいたずらをされていた。そんな毎日に嫌気が差し、東京で行われるタレント
オーディションの受験を決意する。書類審査に合格し、柚季は2次審査の為に上京したのだが、
審査ではなぜか女性として扱われる。実は彼の兄たちが書類を女性に書き換えていたのだった。
女性として合格した柚季は、他の合格者のユリ文華とともにユニットデビューする事になった。
そればかりか、結束を固める為に三人いっしょにプロデューサーの家に住む事になって――。


前作まではただの芸能事務所のマネージャーだった村瀬さんが、今作ではプロデューサーに。
出世したなwキャラとしては変わっていないけど。そしてⅠとⅡとは違い、村瀬さんは最後まで
主人公が男とは気づかない展開だった。同居していたのによくずっと見過ごしていたな・・・w
しかしメンバーが同じ家に同居ってすごいな。「Wake Up, Girls! 新章」でもそうでしたね。
創作の中ならまだわかるけど、先日「鷲崎健のヨルナイト×ヨルナイト」に出演されていた
「たこやきレインボー」というアイドルグループも実際にメンバーが何年も同居しているらしい。
現実でもそういう事をしているアイドルが居るんだな・・・絶対揉めて険悪になるでしょ・・・!
ドロドロしてそうだ。しかもそのメンバーには個人の部屋が無いらしい!僕は無理だな・・・。

柚季に自己紹介されて「男の子みたい」と言ったユリ。あれ、「ゆずき」ってむしろ女の子の
名前じゃない?と思ったのだけど、当時は女の子には少なかったのかな。時代が移り変われば
名前の印象も変わりますね。そういえば小学生の頃、仲の良かった子で「ゆい」という名前の
男の子が居て、上級生から「女の子みたい」とからかわれて嫌がっていたな、と思い出した。
僕は「ゆい」という名前はその子で知ったので、今でも女の子に多い名前という印象が薄い。

時代というと、柚季がオーディションで最初「PA DUMP」というアーティストの楽曲を歌おうと
していた。これはもちろん「DA PUMP」のもじりなんだけど、19年前から人気だったのだなぁ。
結構びっくり。最近も「USA」という楽曲がヒットしていたし、息の長いグループなんだな。
あるいはずっと高い人気を保っていた訳では無く、去年カムバックしたのかもしれないけど。

もう一つ時代を感じた点。柚季が女性アイドルとしてデビューが決まり上京する事になった時、
父親が「三男だし好きにさせてやろう」と言うのだけど、長男だからとか三男だからとかで
決めるなんて古い!と思ってしまった。まぁ田舎の話だから仕方が無いのかもしれないけど。
それとも今でも長男は家を継げ、次男以降はある程度自由に、みたいな風潮があるのかな?


メインキャラはⅠと同様に、主人公に好意的な大人しいユリ、主人公の存在を面白く思わない
気の強い文華、そして幼なじみのちよ子の四人構成。キャラのパターンは毎回似ているけど、
今作では大人しい女の子担当のユリが主人公や周りとぶつかる展開があったので良かったな。
でもこの衝突を経て、本当の自分を出せるようになって良かったな。それはユリだけじゃなく、
最初からありのままの自分を出せていた文華以外の全員が「本当の自分」について考え、悩み、
答えを出していった。こうやって本筋を太い柱で支えるのね!漫画を描ける人はすごい・・・。

好きだったシーンは、家出してちよ子の元に逃げていたユリを連れ戻しに来た際に、柚季が
たまにはこっちにも帰ってきてと願っていたちよ子の前で「東京へ帰ろう!」と言ったシーン。
ショックだっただろうなぁ。その後柚季は「これからはちょくちょく遊びに来ようかな」とも
言う。ちよ子はそれを笑顔で見送った後、一人涙ぐむのがせつないですね。健気でええ子や。

でも最終的には柚季はちよ子の居る島へと戻る。あとがきにも書かれていたけど、この三部作は
「最後は元の生活に戻る」事を意識して描かれたらしい。初期はそういうテーマだったのだな。
以前も書いたけど、幼なじみ属性のある僕には嬉しい。柚季は幼なじみのちよ子が倒れた時でも
芸能活動を優先させなければならない事に悩み、やっぱり大切な人のそばに居て助けてあげたい、
それが本当の自分だからと言ってアイドルを辞め、故郷に戻っていった。そして最後にちよ子に
告白をしてめでたしめでたし。告白されて顔が真っ赤になった女の子って良いものですねぇ。
やぶうち先生の描かれる困り眉の表情好きだな。それ以外の女の子の表情も魅力的で可愛かった。

Ⅱで「Ⅲでこの三部作は終わり」と書いてあったけど、その後まだしばらく続く事になります。
次の「少女少年Ⅳ」は僕が初めて触れた作品。数年ぶりに読むなぁ。楽しみだ。それではまた。


このシリーズの時のアクセス数は2件ぐらいしかありません。ちょっと寂しいw今回はどうかな?

2019年10月12日 青い花7巻 感想

はいこんばんはRM307です。今週は漫画回、今回は志村貴子作「青い花」7巻の感想。もう終盤。
前回から3ヶ月空いてしまったな。全8巻なので次で完結。読み足りない!もっと読みたかった!
3巻の感想http://rm307.blog.jp/archives/78078877.html
4巻の感想http://rm307.blog.jp/archives/78693186.html
5巻の感想http://rm307.blog.jp/archives/79156982.html
6巻の感想http://rm307.blog.jp/archives/79634959.html

【主な登場人物とその関係】
あーちゃん(進級して落ち着いてきた?主人公、幼なじみのふみと付き合う事になったが・・・)
ふみ(あーちゃんの幼なじみ。何度かの失恋の後、初恋だったあーちゃんと付き合う)
井汲さん(あーちゃんの友人。杉本先輩に片想いしていた)
康ちゃん(井汲さんの許嫁だったが、婚約解消を申し出た。でも井汲さんの事は変わらず好き)
大野さん(あーちゃんの後輩、姉が山科先生といっしょになった事を複雑に思う)
山科先生(あーちゃんたちの学校の先生。家族を説得して大野さんの姉と同棲する)


まずは髪が伸びた井汲さん。可愛い!こちらの方がだんぜん似合っている。表紙もすごく良いし。
以前短くしていたのは杉本先輩の影響だったっけ。彼女が前に進み始めた事を表しているのかな。
「康ちゃんやさしいから」という言葉に「好きだから必死なんだ 昔から」と答える康ちゃん。
そしてその言葉を聞いて泣く井汲さん。どういう涙なんだろうな・・・僕にはわからなかった。
以前から感じていたけど、この作品は僕には難しすぎる。僕のキャパシティを超えている・・・。
キャラの心情を表しているコマや、ちょっとした所作などから意味を把握できないのだ・・・。
頭が良い人はもっと楽しめるんだろうな・・・と思うと、悲しいやら申し訳無いやらで・・・。
まぁ人間関係が複雑という事もあるんだけど。だって京子のお母さんが、会いたがっていた
康ちゃんを見つめるコマとか、その前の流れと合わせると康ちゃんが好きなのかよ!複雑!!!
こんなぐちゃぐちゃでややこしい人間関係の中に身を置いていた井汲さんがとても不憫だ・・・。

幼い頃の井汲さん、以前も書いたけど可愛いなぁ。にっこり笑顔が子どもっぽくてすごく良い。
そしてこれも以前も言及したかもしれないけど、石(いしとゆうら)先生の絵柄に似ているな。
親から決められた許嫁という立場をとりあえず受け入れていた訳では無くて、康ちゃんの事が
大好きだったのだなぁ。康ちゃんが寡黙だから、井汲さんの方が想いが強かったように見える。
「そんな人より京子の方がずっと康ちゃんのこと好きなんだから」とか「わたし康ちゃんじゃ
なきゃいや」とか、お熱い!良いなー!そして僕もそんな事を言われてみたい人生だった・・・。

そして中学生でセックスも済ませていたのか。幼い頃からいっしょで、何度も好きだと伝えて、
ずっと好意を寄せていてこんなに大好きだったのに、井汲さんは杉本先輩と出逢い好きになった。
自分から気持ちが離れていくのを感じた康ちゃんはつらかっただろうな・・・よく耐えられたな。
あんなに好きだと言葉や態度で示してくれた人が別の人を好きになるんだよ?!しんどすぎる。
僕の場合は恋愛ではぜんぜん無いけど、過去に好意?を寄せてもらっていた人に恐らく嫌われて、
温度が消え興味を持たれなくなった事がこんなにも悲しい。どうしても耐えられなかったので、
結局こちらからの気持ちを切るしか無かった(今週までの話。5月頃絵板に書いた事とは別件)。
恋愛じゃなくてもすごくつらいのに、ふたりの場合は幼なじみの許嫁。だけど康ちゃんは違った。
今だって井汲さんへの気持ちは変わっていない。すごいなぁ。カッコ良い!僕にはできない!
以前も書いたけど、康ちゃんの想いが報われて欲しい。最後のつないだ手から希望を見出したい。

井汲さん関連のエピソードだと、井汲さんのファンの子が井汲さんが写った写真をあえて落とし、
声をかけてもらっていっしょに写真を撮るという流れが良かった。3ページなのに良い百合だ。
その写真を見て「オレの京子…」→「おまえのじゃねー」というツッコミも実際にありそうw


そして進級したあーちゃんは演劇部の部長になっている!すごい!てっきり井汲さんだと思った。
あーちゃんにキスした事があるかと問われ盛大にずっこける井汲さん。まぁたしかに中学生で
セックスまでしていた彼女にとっては、あーちゃんの質問がとてもピュアに思えたかもしれない。
その前にあーちゃんが下級生を見て「小学生か」と独りごちたコマがあるのが効いていますねw
キリッとしている大野さんは可愛いなwでもお姉ちゃんと山科先生の事で複雑そうな様子だった。
あとたしかに僕も「ダルタニアン」と「ダルタニャン」のどちらが正しいのか迷った事があったw
3歳当時のあーちゃんの、バレエを断った次のコマの後ろ姿も可愛い。こういう表現好きだなぁ。

そんな楽しい流れから、「雰囲気を楽しむ、そういうのが結構心地良い」という何気無い会話で
ふみの事を連想してしまったあーちゃん。ふみに「あーちゃんのしたいことしたい」と言われても
何も返す事ができなかった背中もせつない。やっぱりあーちゃんは同性愛者じゃないから・・・。
ああ、嫌だなぁ。ふたりの事は好きだったけど、だから付き合って欲しくなかったんだよ・・・。
もしこれで別れたら、もうあの時のような仲良しの親友に戻れないじゃん・・・つらいよ・・・。
正直ふみちゃんが恨めしい。あーちゃんに想いを伝えないで欲しかった、というのは身勝手かな。

でもふみちゃんの気持ちもすごくよくわかるんだよ・・・言わずにはいられない、期待せずには
いられないんだ。「…ダメ!!好き!!大好き!!」のコマでもすごくよく伝わってくる・・・。
このコマにめちゃくちゃ良いな。自分の想いを止められない、大好きな気持ちがあふれてくる。
実際恋しているとそうだよね。しかし、そんな幸せそうなふみちゃんの表情とは対象的に・・・。
ポンちゃんが書いた、ふみをモデルにしたコンクールのシナリオでは、主人公がこう言っている。
「しかし彼女は違いました」、「私は彼女の愛を見つけられるでしょうか?」ふみちゃん・・・。

けれどここでは終わらない。ふたりは一線を超えたようです。セックス・・・なのかな・・・?
正直女性同士のセックスが何をするものなのかよくわからないのだけど、たぶんそうだと思う。
最終巻、どうなってしまうんだろう・・・。まぁ手元にあるのでいつでも読めるんだけど・・・。
でも怖くて読みたくないな・・・終わってしまうのも寂しいし・・・まぁでも今年中に読みます。

あと姉と山科先生の関係に悩んでいた大野さん、お姉ちゃんに忘れ物を届けてもらったコマの
「ありがとうお姉ちゃん…」を見たところ、少しはすっきりした感じかな。劇のダルタニャン役に
受からなかった事でも気落ちしていたけど、これからまた明るい大野さんを見られると良いな。
まぁ残り1巻しか無いので、彼女の描写があるかどうかわからないんだけど・・・。それではまた。

2019年9月21日 少女少年Ⅱ 感想

はいこんばんはRM307です。今週は漫画回、今回はやぶうち優先生の「少女少年Ⅱ」の感想。
先月読んだ「少女少年」の続編ですが、キャラクターや世界線がつながっている訳では無く、
同じテーマで主要キャラクターとストーリーが変わったまったく別のお話となっています。
Ⅰの感想




【あらすじ】
父親とふたり貧乏暮らしをしていた小学六年生の一葵(かずき)は、ある日街でスカウトされる。
その芸能マネージャーは有名女優・大空遥のドラマに出演する彼女の子ども役を探していたのだ。
それを父に話すと、実は一葵は彼女の隠し子であるという事実を知らされる。子どもより仕事を
選んだ母に一葵はショックを受けるが、オーディションを受験し母と直接会って話すと決意する。
しかしその役柄は娘役。一葵は男である事を隠し、遥が審査するオーディションに臨む事になった。

以上、ここまでが1話のあらすじなんだけど、14ページにこんなたくさん詰められるんだなぁ。
テンポが良い。僕だったら倍のページ数かかるかもしれない。やっぱりプロはすごいな・・・。

と言いつつちょっとけちをつけちゃいます。スキャンダルに巻き込まれて迷惑がかからないように
一葵を遠ざけたと言った遥だったけど、だったら一葵に会いに行ってあげてよ・・・と思った。
もちろん会いに行けばバレる危険性もあるんだけど、生まれてから12年も放置はさすがにひどい。
そもそも、実の母親が一度も自分に会いにきてくれないよりスキャンダルの方がマシじゃない?
息子の気持ちを考えたら、母親といっしょに暮らせた方がずっと良かったと思うんだけど。あと、
一葵の父(実は遥のマネージャー)が要らないと言ったとはいえ、養育費も出すべきだったよ。
その所為で一葵たちはずっと貧しい生活をしていたんだから。貧乏な親子、というキャラ設定を
やりたかったのはよくわかるんだけど、その結果遥の行動にかなりの違和感が生じてしまった。
それだったら、自分のキャリアに傷がつくからとか望んでいない子どもだったからとか言って
一葵を突き放した方がまだ筋は通った。まぁこれだとすごく悲しいお話になってしまうんだけど。

最初のオーディションでプロデューサーに気に入られた一葵が、とんとん拍子で芸能人を養成する
学校に特待生として招かれたところもずいぶんとスムーズに事が運ぶな、と思って読んでいたけど、
こちらは最後にそのプロデューサーの兄が一葵の実の父親だったという事がわかったので良かった。
一葵自身に才能を見出していた事もあったけど、事情を知っていたからなおさら話が早かったのか。

あと、友人のトキオが一葵が男だと知った後に彼と肩を組んで、顔が近づいた時にお互いドキッと
したところで、BLぽい展開もあるのか?!とちょっと期待してしまったけど、それは無かったなw
さすがに当時の小学生向けの雑誌でそんな話にはならないか・・・ややこしくなるしね。残念w
まぁドラマでふたりのキスシーンはあったんだけど。トキオと幼なじみの絵梨のキスシーンは
描写されなかったのに・・・wまぁここはあえて描かない方が良いシーンではあったのだけど。

今作のライバル的な立ち位置のキャラ・マユカは、最初のオーディションで合格するのだけど、
それは一葵を育てる為の時間稼ぎで誰でも良かった、という事がわかってショックを受ける。
読み返すとこの時のプロデューサーも相当ひどいな。他にも「マユカは子役で終わるだろう」、
「だからこの映画ではせいぜい頑張ってもらう」って発言もあるし。演出上必要だったのかも
しれないけど、ちょっと好きにはなれない。良き理解者的な立ち位置なのが若干違和感・・・。
しかしそれで一度は一葵を貶めたいと考えたマユカだったけど、一葵の事情を聞いて涙を流し、
屈折しなかったのは相当素直な良い子だなぁ。前作の同じライバルの紗夜香より好きかも。
なので、思い直した後の彼女を掘り下げた話が欲しかったかな。ちょっと出番が少なかった。
でも最後の2ページを読む限り、今後一葵と良い感じになってくれそうな気もする。楽しみだ。
ライバルで恋が報われない系である彼女が、想い人の主人公と結ばれてくれたら嬉しいなぁ。


以上、前作のあとがきで、今作は両親や芸能界の事が濃ゆくなるというような事が書かれていて、
芸能活動をする上で両親と衝突するような展開になるのかな?と思っていたので予想外だったな。
あと「少女少年」はもともと前作だけの予定だったらしい。その後「Ⅱ」が連載される事になり、
この時点では「」で完結、三部作の予定だったらしい。どんな話になるのかな?それではまた。

2019年9月7日 ファンタズム 感想

はいこんばんはRM307です。今週は漫画回、今回は雨隠ギド先生の「ファンタズム」の感想を。
以前読んだ百合漫画「終電にはかえします」が良かったので、他の作品も読んでみようと思って。
しかしBL漫画が多く、一般向けの作品はかなり少なかった。BL漫画はまだ少し早いかな・・・。



【あらすじ】
負の感情が黒い影となって見える能力を持った中学生の北里あかり。幼い頃、その所為で母親と
上手くいかず、祖父の家に預けられていたが、祖父が亡くなった事で兄の家に居候する事になる。
新しい街で通り魔に襲われそうになるあかり、そしてそこで出会った人ならざる者「からす」。
彼は人の悪意を食べ、廃人のような状態にしてしまう。あかりは負の感情に飲み込まれそうな
友人を助け、自分と同じく彼を見る事ができる老人の話を聞き、からす自身も助けようとする。
それを成し遂げた時、少し成長したあかりは母と和解し、一歩前へ進む事ができたのだった。

まずあかりちゃんが可愛かった。ネクタイを結んでもらおうとするところ、兄が想像しているコマ、
美少女探偵妹のところとか。73ページの叫びなど、笑顔以外のいろんな表情も魅力的に映った。
からすに取り込まれそうになった時、「いい子の私と悪い子の私」というモノローグがあったけど、
あかりちゃんはただひたすら良い子に思えたな。本人にとって悪いと思える部分があったとしても、
子どもだし十分許される範囲内だと思う。大人はもっと汚いよ・・・もちろん僕も含めて・・・。

話では、からす(鴉丸)の過去、愛する人を害そうとする人間から守る為に、自分の住む長屋で
いっしょに暮らす事にしたけど、関東大震災が起こり彼女を死なせてしまった、あのまま実家に
住んでいたら死なずに済んでいたのに、というところが良い。決して好きでは無いのだけど、
こういうどうにもままならない悲劇みたいなものは胸に刺さり、その痛みが少し心地良いのだ。
「遠ざかる世界」でも、後輩が頑張って先輩の嘘を見破って、でも別れは止められなかった・・・
という展開があるけど。好きな作品のキャラであればふたりとも幸せになって欲しいんだけどね。

最後の描き下ろし漫画で、あかりちゃんとお母さんが並んで話していたり、お互い緊張しながらも
メールをやりとりしたり、食卓に家族全員分の食器が並んでいたりするカットがあって嬉しかった。
やっぱり愛する家族といっしょが良いよね・・・。これからは幸せに暮らして欲しいなと思う。

以上、きれいにまとまっていた作品でした。ほんの1冊の漫画だけど、キャラとお別れするのが
ちょっぴり寂しいな。一週間かけて少しずつ読んでいた所為もあるだろうけど。それではまた。

2019年8月17日 さろめりっく 感想

はいこんばんはRM307です。今週は漫画回、今回は袴田めら先生の「さろめりっく」の感想を。



【あらすじ】
占い師である母親のギャンブルによる借金などを理由に転校を繰り返していた女の子さろめ
また彼女は魔法使いである事から、新しい中学校でも奇異の目で見られていた。そんなさろめに
話しかけてきた人気者のひかり。彼女に惹かれていくさろめだったが、同時に自分の中に今まで
知らなかった、そして気づくたくなかった感情が芽生えていく。矛盾をはらんだ初恋の百合漫画。


相手との距離を測り進んだり戻ったりする前後タイプでは無く、自分の想いを掘り下げていく、
その中でココロが浮き沈みする上下タイプの作品だった。そんなタイプがあるのか知らないけど。
自分だけに時間を、心を捧げて欲しい、相手が自分無しではいらなくなって欲しいと願うさろめ。
中学生で「自分は相手を支配したいのだ」と気づけるのはすごいし、とても勇気が要ると思う。
そんな自分に気づきたくないよね・・・後ろめたくて、自分の「好き」を肯定できなくてつらい。
さろめには無かったけど、ここに同性を好きになる悩みが付随するとかなりしんどくなりそうだ。
母親の失恋でまた転校する事になり、さろめはその気持ちを封じよう、埋めてしまおうとする。
僕だったら好きな気持ちを消す事ができず、これからも苦しみ続ける道を選ぶかもしれないなぁ。

そこからどうやって答えを出すのだろう、と楽しみに読んでいた・・・のだけど、母親が恋人と
結婚する事になり転校は取りやめ、これからもひかりといっしょに居られる事になり、最後まで
明確な答えを出さないまま終わってしまった。ひかりに好きだと伝える事はできたんだけど。
うーん、残念だな・・・。まぁ僕も「遠ざかる世界」で似たような事をやっているんですが。
ひかりを独占したい気持ちを解決して欲しかったなぁ。その後どう折り合いをつけたのだろう。
たまたま母親の結婚生活が上手くいき、大学生までそのままの生活を続けられたさろめだけど、
もし同じ事が起きたらまた引っ越していた訳で、その時はまた同じ苦しみを感じていただろうし。
結局さろめは自分から何も変えてはいないと思えてしまうので、どうしてもすっきりしなかった。
でもそう思ってしまうのは、たぶん今の僕がその答えを欲していたからという理由もあるのかも。

好きな相手に興味を持ってもらいたい、振り向いてもらいたい、自分を必要としてもらいたい。
わかるなぁ。「いつのまにか私のいないところでの彼女の幸せを許せなくなった」もわかる・・・。
あと、さろめが魔法でお菓子を出した時に、ひかりがきっとたくさん食べて喜んでくれるだろうと
夢みていたけど、1個しか食べてもらえなかった事がつらかった話とか、僕じゃん!比喩じゃん!
僕も独占というほどでは無いけど、相手のココロが欲しいと思う。もうそんな事は無理だろうけど。
これは恋愛じゃないと思うけど、今毎日切実に頭を悩ませている事だったから、答えが欲しかった。
まぁどちらにしても、僕は漫画の主人公のように相手を求める事はできないだろうけどね・・・。
僕なんかが手を伸ばしても嫌われるから。いやまぁもう嫌われているかもしれないのだけど・・・。
僕も、ひかりのように「知っていたよ!」と受け止めてもらいたいけど、まぁ永遠に夢物語だな!

あとやっぱり母親ね・・・相当問題があるよ・・・今までのさろめが本当に可哀そうだよ・・・。
正直いらいらした。自分の不始末で子どもを振り回す親は、たとえ創作だとしても許せん・・・。
前述の通りその後はたまたま上手くいったけど、さろめはこの先も悩まされそうな気がする・・・。
ここらへんの問題も解決して欲しかったな。さろめ、強く生きて・・・そして幸せになって・・・。

それと最後の番外編、一人暮らしをしているひかりの部屋に遊びにきたさろめが、トイレの便座が
上がっていて歯ブラシが二本あるところを発見し、男性の気配を感じショックを受けるのだけど、
ひかりは「トイレを掃除した」、「古い歯ブラシを捨てるのを忘れていた」と言い、何も無い事を
アピールする。ねぇこれってどっちの意味なの???わからなかった・・・女の子こわい・・・。

他の作品のように手放しで褒める内容にはならなかったけど、感情を掘り下げる話は大好きだし、
女の子の笑顔や泣き顔などの表情もやっぱり可愛い、重く暗く悩んでいる表情も魅力的でした。
やっぱり袴田めら先生の描かれるテーマや物語は好みの百合だなー!勉強になりました。
そして今読む事によって、自分の中に意味が生まれた作品だなと思った。グッドタイミングだわ。
僕の問題は僕が解決するしか無いという事だな・・・。そしてさろめたちについては、ひかりの
「私たちは大丈夫」という言葉を信じる事にしよう・・・。さろめたちが幸せでありますように。


以上、僕もきっと中学生レベルのままなんだな・・・という思いを強くしましたwそれではまた。

最新コメント